エドワン不動産買取センター > 成約情報 > 空き家を持ち続けることのデメリット

成約情報

 

本日は【空き家を持ち続けることのデメリット】をお話しさせて頂きます。

 

【デメリット】
固定資産税・火災保険料・水道光熱費・(マンションの場合)管理費等を
ずっと支払う必要がある。~固定費の垂れ流し~🏡

空き家から何の便益も得ていないのに、ただ一方的にお金が出てしまいます。

 

所有者としての管理責任は永遠に負わされる。(台風や地震の落下物、草刈り等)🏘

万一所有物の不具合で第三者に損害を与えたら、オーナーが損害賠償を負うこととなります。
所有者である以上、リスクと責任は、永遠に追い続けなければなりません。


(敷地が200㎡以下の住宅の場合)激しく老朽化したら、市町村から「特定空き家」に認定され
固定資産税の1/6の優遇措置がなくなる。🏡

老朽化の激しい建物は、近隣には落下物の危険を与え、地域の美観を損ねるだけでなく
ずっと放っておくと、住宅の場合固定資産税の1/6の小規模宅地特例がなくなります。

 

このように、所有者が何のメリットを得ることもなく、ただ、固定費と目に見えない負担を
一方的に背負わされる不動産のことを、我が業界の自虐用語で「負動産(ふどうさんorまけどうさん)」
と表現しています。
その他、貸しても買い手も全くつかない不動産のことも、負動産とも言います。

現在、負動産のことで悩んでいませんか?

 

🏡不動産買取のご相談は、エドワンにお任せください‼🏡  
 ご相談・ご査定は無料で承っています(^^♪
■お問合せ先  
TEL : 0120-234-800
Mail : info@edoone.net


ページの先頭へ

Copyright(c) エドワン不動産買取センター All Rights Reserved.